top of page

「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

鉄茶。今朝の出来事~私のうつ病と生理不順~

さて、栄養の話。


私は、鉄茶というものを、毎日飲みます。


この鉄茶を知ったのは、鍼灸学校を卒業する手前か、卒業したてか、くらいの時期でした。


17年苦しんだうつ病を治すヒントを、鍼灸学校ではえられぬまま、割と失意💔でした。


「鍼灸では、鬱は治らないのかもしれない」


そんなことを思っていた時期。自分が鍼灸師になる理由の半分くらいは、失いますので、割と深刻でした。


つか、自分を治せないのに、鍼灸師になったって、できることは知れてます。


他にごまんと鍼灸師はいる。


うつ病に苦しんだ「私」が鍼灸師になる意味ってなんなん?くらいの感じになってました。



鉄茶。今朝の話。
鉄茶。今朝の話。


漢方とか登録販売者の資格(ドラッグストアの薬を売る資格)とか、「鍼灸じゃなくて、そっちかもなぁ…」と考えて、そっちの勉強に触手を伸ばしつつありました(結局必要亡くなって、資格、取ってないんですけどね)




藤川療法と野中理論


藤川徳美先生の『うつ、パニックは鉄・タンパク不足が原因だった』という新書と、野中先生の鉄茶と、どちらと先に出会ったかは、もう覚えていません。


でも、ここで、「鉄」というのが、パーンと入った。


私、皆さんに栄養療法で、サプリとか、プロテイン勧めてますけど、私こそ、普通(以上に)食べるし、実家は農家(米もですが、ミカン園やってました)、母方は漁村(祖父母は酒屋でしたが、母の従兄たちはみんな漁師)という環境に生まれ育っていて、そりゃもう、自然食マンセーで育ってるんです。


しっかり量食べられてるし、肉も魚も食べてる、野菜も当然。これで何の栄養問題があんだよ?と思ってた方。

いや、全然。結論、食べてるつもりで食べられてないって。全然栄養足りてないってのが、結論です。


誰が、プロテインとか、サプリみたいな、旨くもないもん、喜んで食べますかってんですよ。


ワシはグルメやど。




なぜ鉄にひっかかったか


当時の私も、栄養はしっかり摂れている(はず)と思ってましたが、「鉄」…別に貧血ではなかったです。当時も今も。


むしろ献血が趣味ってくらい、大学時代とか、よく献血してました。


でも、母親が、血液検査とかで「比重が足りない」とか言われて、献血を拒否されてたんです。


私、高校生物と地理が選択科目で、この二教科結構好きなんですけど、「鉄」というのが、なんか、とても、ひっかかった。




鉄茶を教えてくれた野中先生は、ほんまは京大の物理の先生です。


鉄茶のセミナーで、さらっと地球の発生(地球の、だよ)と、生物の進化の歴史のことを話してたけど、それは私が学んだとおりの内容で(そりゃそうだ)、鉄が生命にとってどれだけ大事か。鉄があるないで、生命が発生するかどうか運命が別れるってことも知っていたし、野中先生が、鉄の話をしてくれた内容が、とてもしっくり来たんです。


藤川先生の本だけ読んだんだったら、私は鉄を摂るのを途中で投げ出したかもしれません。

だって、鉄サプリは、鉄茶と比べても飲みにくい。



でも、野中先生から鉄茶を教えてもらっていたから、「鉄はお茶で摂ればいいか」と、鉄サプリでなく、鉄茶を飲むことにした。


そして、私の場合ですけど、鉄茶飲み始めて、半年くらいで、うつ病、大幅に解消してたんです。


17年、治らなかったのに。





17年苦しんだうつ病

17年。病院も通った。入院もした。断食道場まで行った。


たっかいサプリ(8000円くらいの)も飲んだ。


健康を取り戻すためなら手段は選ばん。金も惜しまんってくらい、追い込まれてたのに。


それでも治らなかったのに。





国試で生理不順

あと、鉄茶を続けられた理由の2があって、この頃は鍼灸師の国試受験のストレスのためか、生理が止まりがちで、生理不順で、ホルモン剤とか飲んだりしてたんです。


鉄茶を飲み始めて、最初の驚きは、生理が復活したことでした(今は生理上がってるので、結局、人より早く終わっちゃいましたが)


鉄茶、飲み始めて3か月くらいで生理来たんです。


ホルモン剤飲んでも来なかったのに。




鍼灸学校在学中は、まだ全然うつ病重くて、瀕死だったんです。


当時を知る同級生には「話しかけにくかった」と言われました。そりゃそうだ。


風邪ひいても、瀕死。一週間寝込んで、まだ治らないって状態で。


在学中に、「これ、マジで死ぬかも」という風邪を二回はひいてます。


成績はともかく、出席不足で、卒業できなくなる覚悟してたほどです。


それが、治まってしまった。鉄茶だけで。


たかが、緑茶に、鉄のカタマリぶち込んだやつ、飲んだだけで。





ここまでは、これまでも話して来た古い情報。


こっからが、今日起こったこと。


↓↓↓


【最新の鉄茶ニュース。今朝の話】


私の同居人、あきやまさんは、普段はきちんと生理が来る人なんですが、ここ1週間、生理が遅れました。


生理は瘀血という側面があるので、本人もしんどく、体調悪い。


メンタルも、仕事で色々あったらしく、最悪。


夜中に起きて泣いてるのを、目撃して、だいぶ心配だったんです。




実は、鉄茶を紅茶に変えてから、あきやまさんは、「まずい」といって、あまり飲まなくなってたんです。


で、今朝も「来ない〜」と言ってたんですが、




鉄茶飲ませたら、秒で来ました。


生理も秒で来る時代…。鉄茶、素晴らしいですね。




↓↓↓



鉄茶を教えてくれた、野中先生のことが書いてある記事です。『現代農業』


野中先生、農業の研究もしてるんで。


記事中に、鉄茶のことも出てきます。





当院の鍼灸と栄養療法(メガビタミン療法)は、きっとあなたにとって、健康づくりの一番の味方になれると思います。


大阪市中央区玉造の鍼灸院、はりきゅう和-nagomi-、土日も鍼療、木金は夜八時まで開けて、皆様の健康づくりのお役に立とうと準備しております。


ぜひ、ご活用ください。




LINE友達追加
LINE友達追加




【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

鍼灸師

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com




Comentários


bottom of page