「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

治療にも定石がある!

ジグソーパズルで遊ぶとき、ピースの山の中から、まず四隅にあたるパーツを探し出しますよね。


まず枠をつくって、内側のピースをはめ込む…これが、ジグソーパズルの「定石」です。


『ヒカルの碁』は読んでましたが、わたし、囲碁はさっぱりわかりません、けど、定石という言葉は、囲碁から来てるそうです。


囲碁にかぎらず、「定石」という言葉は使われます。


問題の解法、コツみたいなものです。


幾つか知っています。


たとえば、迷路を歩くときは、どちらか片方の手を壁について離さなかったら、そのうちゴールにたどり着ける(ことが多い)とか。


将棋だったら、一番最初に動かすコマのパターンを、三つくらい知ってます(←ほとんど知何も分かってない)





逆に、何にも知らない分野ってのは、辛いですよねぇ。


たとえば難しい政治や経済の話は分からない!という人は多いです。


これまた、定石を知らないことが関係しているんだと思うんですよ。


コマの動かし方を知らずに、将棋をやっても、ゲームにならないのと同じ。良いやら悪いやらすら、よくわからない。




見どころとか、楽しみ方とかのポイントが、どの世界にもあるんです。


当然、わたしが専門にしている健康という分野にも、定石はあります。


病気の種類によらず、基本的なところ(定石)は驚くほど同じだったりします。




みなさん、うすうす気が付いているんじゃありませんか…?


病院行ったら、最初はだいたい「ステロイド」か「抗生物質」。それと「胃薬」と「痛み止め」が出てくるなとか。


それで治らなかったりすると、なんか薬の種類だけ変わる、みたいな。


治療パターンがあるでしょう?


「なんか、お医者さんて…あんま頭使ってるように…見えない」と、正直、私も思ったことがあります。


それはある程度マニュアル(パターンを別の角度から言う言い方)があるからです。





整形外科(腕とか、脚とかの異常)の場合、40年前くらい前から、まずレントゲン撮影。


その後場合によってはCTやMRIなどの画像診断があります。


でも、治療としてやることは同じ。


  • 投薬(ステロイドとか痛み止めとか、湿布とか)

  • 安静


ほぼ、それだけです。



最近でこそ、理学療法士さんに回してもらえることが増えましたが、理学療法士さんが、痛めているところを動かしたり、伸ばしたりしてくれる部分を除けば、病院のお医者さんは薬を出すだけ(たまに注射とか、ギプスで固定)です。


予算(保険点数)ありきで、治療が組まれているので、そうなっているんです。


それでも、画像が撮れ、血液検査ができるといった点で、検査力は圧倒的ですから、病院を利用しない手はありません。


最終的には手術という奥の手もありますし。





あなたが、病院の治療に満足できているのであれば、それで問題ありません。


しかし、そうでないなら、勉強して、ちょっと手間をかけても「医療の定石」を学んでおいた方がいい。


じゃないと、ずっと「自分の身体」にたいして、「単なるお客さん」「単なる観衆」として、遠巻きにしているしかなくなるからです。





自分の身体に当事者として係るすべを持つにも、医療の良しあしを判断するにも、あなたには、医療の定石を学んでおいてほしい。



医療の定石

(1)症状をとめる…熱、患部が熱くなる、痛みがあるなどの症状


(2)患部を癒す…なにか問題のある個所には、微細な傷ができていることがある。それを「治癒」させる段階


(3)原因へのアプローチ…五十肩なら石灰が沈着している、骨棘(骨のとげ)が出ているなど。骨が本来の位置からずれていること。筋肉そのものが質的に変わってしまっていることなど、色んな原因がある。


一番難しいのは(3)で、病院では通常(1)まで、やっても(2)まで。


たとえば歩き方に原因があるとか、姿勢が悪いとか、栄養が偏っているとか、筋肉が変性しているとかいった根本原因まで探り出して、変えていく治療までできるところは、病院、治療院でも、ほとんどできるところがない。




そして、どういう結果になるかというと、病気の「再発」です。一度消えた痛みが戻ってくる。痛みは、消えたんであって、治ったわけじゃなかったからです。




先ほどの医療の定石の(3)が、なぜ難しいかというと、理由がこれまた3つありまして、



1.根本原因が何か、特定するのがとてもとてもとても難しい(本人も気づいてないことを、一日中一緒にいるわけでもない医者にわかるわけがない)


2.分かったところで、治すのはとても手間。面倒くさい。商売としては、手離れが悪い!(金銭的にペイしない!)


3.患者さん自身が、(2)まで行くと、「痛くなくなったからいいや」と治療を続ける意思を持てない。




ここまで書いたところで、だれも救われない話ではありますが、まず知っておいていただいた方がいい「定石」(パターン)です。


負けパターンを知れば、勝ちパターンもおのずとわかります。




医者はしっかり技術や知識を学んで身につけ、患者さんへのカウンセリングやコーチングを実践する。


患者さんは、こういうパターンがあることを知って、負けパターンに流れない。







★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com