「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

治療院は4回、試してみてください



あるあるです。


だいたいそういう人でもなきゃ、鍼灸院なんか来ません。


なにせ保険はきかない。

高い。

痛い。

怖い。

謎。


「いや、ちょっと自分には合わないかも…」


治療受ける前から、敬遠する理由、しか!ない!



治療院は4回、試してみてください


この「4回試してみて」というのは、私の師匠が、患者さんに言ってる言葉なんです。


師匠とはいっても、ルート治療の白川先生じゃありませんよ。




私の師匠というのは、ちょっと変わっていて、ユニークで、気風がよくて、男前で、太っ腹で、おおらかで、剛毅で、陽気で、明るい、パワフル、でも治療には緻密な、女性鍼灸師です。


ありていに言えば、「みやこ式」の名前の由来、みやこ先生です。




鍼灸院に来る患者さんというのは、たいてい、病院とか、整骨院とかではどうにも治らなかった方や、保険治療の範囲内で治まらなかった方ばかり。


みやこ先生クラスの鍼灸院に行くという方は、簡単に治る段階には既にいない。病のこじれた人が多いです。


長いキャリアを誇る師匠でも、はじめて診る疾患の方も、少なくありません。


治療家というのは、腕が上がれば上がるほど、果たして治せるのか、鍼灸でいいのか、悪いのか、そんなことすら分からない、手探りの治療が増えてくるのです。




師匠に限らず、誰もが知り尽くしている「ギックリ腰」程度なら、別にそういうことは言わないのですが、難しい疾患の方には、師匠は必ずこう言います。


「全力でやるからね。うちの治療が合うか、合わないか。4回、試してみてください」





治療に全力なのは、師匠だけではなく、駆け出しのペーペーから、大ベテラン、鍼灸学校で教職についている先生だって、常に全力です。


でも、そう言葉に出して言うことが、不安でいっぱいの患者さんにどれだけ励みになるか、はかり知れません。


また、私の師匠という人は、もうこれ以上ないほど、言葉に力がある人なのです。


「全力でやる」「治療は勝負」「勝ったか負けたかがすべてや」

そういう人なのです。





4回やっても、治らなかったとき。


そういうとき、師匠は、患者さんの目を見て謝るといいます。


ごめんね、全力を尽くしたけど、治せなかった、と。


そういって深々と頭を下げるのだそうです。




患者さんは、そのときガッカリするでしょうか。損したなと思うでしょうか。


もし、そう感じていたとしたら、その患者さんから、「治らなかったけど、また来ていい?」と尋ねられることはないでしょう。




師匠は、それに対して、「いいですよ」と応えるそうですが、本当の心は、治せなかった自分のところに、患者さんを引き留めてはいけないという気持ちだそうです。




治療院を、4回試す必要は、ありません。


治療家の人柄は、1回治療を受ければわかるからです。




嘘をつけない馬鹿正直か。


口の上手なタイプか。


頭の回転が速いか。


ぼんやり、おっとりしているか。


機敏でバリバリか。




あなたが悩んでいる疾患が、簡単に治るような病気ではないなら、腕も大事ですが、治療家の人柄が大事です。大事な健康のことを、その人に頼るんですから。




ただし、「4回試してください」というのも、根拠があります。


1回目は、治療家には、その患者さんの体の個性が分からない。

2回目、3回目は、その人の病の本質がつかめない。

4回目くらいにやっと、何かとっかかりが見つかる。


難しい病気の場合は、もっとかかることもある…




ちょっと余談にそれるかもしれませんけど、アトピー治療がそうでした。


「首肩のコリがしんどいから」と、来院された方の、首肩以前にアトピーが重くて、でも、「アトピーに鍼灸は効かないだろう。整形外科疾患ではないし」と、私も患者さんも思っていた。


それが、半年過ぎたころから、気づけば首肩治療とアトピーは不可分に。首肩への治療がアトピーに影響しだした…一方、そんなに難しくないはずだった、首肩のコリは半年もたったのに、軽減せず…(一年かかりました)


これはまだ治療中で、はっきりしないことも色々あるので、ちゃんと書くのはまだずっと先になると思いますが、その治療は、今一年半がたって…首肩は主観的にはかなり楽に。コリの原因は、骨のほうにあることを、「本人が昔レントゲンで確認したことをされされ」たけど、鍼は効いて、首肩は今おおよそめどがついて、アトピーも、肩から上はきれいになりつつある状況です。




患者さん自身も、治療家が、あーでもない、こーでもないと悩んで、色んな質問を投げかけてくることから、「もしかしたら…」「そういえば…」と、気付きが出てきて、それが解決のヒントになります。


本当に難しい疾患、まったくはじめての疾患、難治性の疾患の場合、4回程度の模索じゃなんともいえませんが、


この先生となら、頑張れる


と、あなたが心から信頼できる先生なら、その先生に賭けて、一緒に「正解のわからない難問」に挑戦できるのではないでしょうか。




正解の分かっている問題は、いかに早く、いかに正確に解くかの競争ですが、病気は「正解の分からない」問題が多いです。


頭の機敏な先生より、粘り強く考え続けられる、何より人柄の素晴らしい先生にかかるのが良いと思います。





★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com