top of page

「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

自覚のない冷え



神経というセンサー網が、全身を覆って完璧に機能して、健康を守ってくれているとは思わないでください。


ルパン三世やキャッツアイが、監視の隙間をぬって侵入してくるように、私たちの健康を盗んでいく大泥棒がいます。


それが「冷え」です。



身体の中には、冷えに鈍感な場所があります。


手先足先は、冷えやすい部分です。




大昔、私、牛乳配達のバイトをしてたんです。


保冷剤を触ることが多いので、指先が次第に感覚をなくしてしまい、車のドアに手を挟んで怪我をしてしまいました。


自分で自分の手をスライドドアで挟むなんて馬鹿すぎと思いますが、こういう事故が、牛乳屋さんには多いそうです。


指がかじかんでいるのに、脳は気づいてないから、指の動きが脳の予測とズレるんですね。




美容師さん。


頻繁にお湯を扱います。ですから、熱さに対して鈍感になる。


お客さんの髪をシャンプーするとき、指先で温度を確認すると、お客さんにとっては熱すぎ。


熱さに鈍感になった指では、お湯が熱すぎても分からないのです。


今度美容院に行ったとき、シャンプーのお湯が熱すぎたら、美容師さんは指先で温度をチェックしているはずです。




つまり、感覚というのは、皆さんが思うより当てにならないところがあります。


今からの季節、皆さんにとくに注意してほしいのが肩です。


肩は少々冷えても持ちこたえますが、それだけに気づかないうちにひどく疲れをためこんでいたりもします。




先日も患者さんの肩甲骨をちょこっと触ったんですが、肩甲骨も硬かったんですが、肩口にたくさんの石灰化の兆候がありました。


石灰化したところで、即痛みが出るわけじゃないです。


でも、ちょっと当たりが変わると、それがあなたの身体に刺さるナイフになります。


油断して、肩を冷やさないでください。 先々の肩痛の原因になります。




…それだけに、本人が自覚してない冷えた肩に、そっとケープとかかけてもらうと、嬉しいんですけどね。


もちろん、風邪は、肩口から忍び寄ります。


先々の肩痛予防のため!風邪の予防のため!


肩を冷やさないようにしてください。




当院の鍼灸と栄養療法(メガビタミン療法)は、きっとあなたにとって、健康づくりの一番の味方になれると思います。


大阪市中央区玉造の鍼灸院、はりきゅう和-nagomi-、土日も鍼療、木金は夜八時まで開けて、皆様の健康づくりのお役に立とうと準備しております。


ぜひ、ご活用ください。







【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com


bottom of page