「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

「痛みやしびれが」一回の治療で消えたとき、何が起こっているか?

紹介でいらっしゃった、ある患者さん。


痛いのがとにかく嫌い。怖い。嫌だとおっしゃいます。


紹介なので、「言われたから来た」という気持ちがあるのか、

痛い治療は断固として拒否です。



最初は、鍼灸が効くか効かないすら

半信半疑ということもあり、

「とにかく痛くないようにして!」


と言われまして、


そうしておりました。

ところが、その「痛くない鍼灸治療」が

「悪いことに」よく効いてしまった。


なぜ、それが「悪いこと」なのか、というのが、ここでの問題です。



「農場の法則」というものがあります。


『7つの習慣』という本に書かれているのですが、

こういう内容です。


農場に一夜漬けは通用しない。春に種蒔きを忘れ、夏は遊びたいだけ遊び、秋になってから収穫のために一夜漬けで頑張る。そんなことはありえない。農場は自然のシステムで動いている。必要な務めを果たし、定まった手順を踏まねばならない。種を蒔いたものしか刈り取れない。そこに近道はないのだ。

『完訳 7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー著 P13


治療も、農業に似ています。


「決まった手順」があり、それを踏まなくては、結果が得られません。


しかし、農場と違い、不思議にうまくいってしまう「ように見える」ことがあるのです。




地層を思い浮かべてください。


硬い岩の層。砂礫の層。砂の層。粘土の層。


違った性質の層が重なって、色の帯を作っている地層です。




痛みやしびれが、一回の治療で消えてしまったとき、体に何が起こっているでしょうか?




私たち鍼灸師は、体を運営する、様々な働きを総称して、「気」と呼びますので、「気」という言葉をここでも使わせてください。



気の流れは、体という複雑な機構を成り立たせるために、例えば手を動かすためでも、保険として、予備として、複数の「流れ」「道」を用意しています。


一つの道が何かの原因で途切れても、予備の通り道があるのです。常に。




しびれや痛みは、そんな複数ある「気の通り道」の一本が途切れたくらいでは、生じません。生じても、ごく軽くです。


痛みやしびれが、耐えがたいほどに起こっているとき、それは、複数の気の流れが、すでに「複数」途切れてしまっているのです。


その一部でも、元通り通れば、痛みが軽減するのは当たり前。


ゼロよりは、なんでもマシですから。




たった一度の治療で、痛みが取れるというのは、たまたま気のルートの太いところを掘り当てて、回復させることができたということです。


メインのところは通ったので、痛みは消えますが、土砂崩れや土壌汚染といった、本当の原因を元通りにできたわけではありません。


もっと大事なポイントは、ほかの予備ルートがつぶれたままだということ。太い本流がもう一度潰れた時、予備ルートはゼロの状態だってことです。


これって怖いことです。


貯金ゼロになったのに、それに本人が気づいてないのと一緒。


この説明で、怖さが伝わったらいいのですが。







★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com