top of page

「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

その食事療法、「なんちゃって」になってない?

あなたのやっている「栄養療法」


「なんとなく、やってる感」になってませんか?


↓こちら、私の今日の朝、昼、間食で摂った栄養。


カロミルというアプリで管理しています(パーソナルトレーニングのジムからのお達しで、目指せと言われた栄養量)


毎日、タンパク質、120グラムを目指せ、といわれて、昼過ぎまででこれくらい摂れたというわけです。




だいたい、昼過ぎまでは、頑張れるんです。


でも、これはじめて1カ月半くらいたちますけど、まだ一回もタンパク質、120gを達成できたことがない。


なぜなら、間食で、サラダチキン食べながら、


「もう、プロテイン、飲みたないぃぃぃぃぃ~~」


となるからです。


朝から既に2杯飲んでるわけです。


さらに、オイコス(タンパク質の多いヨーグルト)の味のない奴食べて、サラダチキン食べて…


うんざりしているんです。タンパク質に。




良く世間で言う、「高タンパク・低糖質」


皆、それが良いと思っているんですが、「高タンパク食とはなんでしょう?」と尋ねた時、「お肉を食べる…?」「プロテインを飲む…?」といった、あいまいな定義しかもちあわせてないことが多いです。


一日に、「最低限」必要なタンパク質は、自分の体重にグラムをつけた量。


たとえば体重50キロのひとなら、50グラムのタンパク質…といわれています。


これが、「健康維持に最低限必要」な量ってことです。




それを達成するのも、簡単なこっちゃないから、今ニュースで、昆虫食や、合成肉が話題になってるわけです。統計によると、日本人は、タンパク質の一日の必要量って摂れてないらしいんですYO。


病気を患っていたり、身体をさらに良い状態に向上しようと、トレーニングしている人は、タンパク質は一日、100グラム以上!


当院の施術を受けている人は、筋トレしている人と同じくらい、いや、それ以上かも?タンパク質が必要です。


できれば、体重の倍!体重60キロなら倍の120にグラムをつけた量、120gのタンパク質を摂る必要があり、「高タンパク質」というからには、これくらいは摂る必要がある。


あなたはタンパク質、摂れていますか?




ちなみに水泳選手は、カロリーで、一日6000kcal~摂らなきゃいけないそうです。


アスリートの世界では、胃の強さが、身体の強さ、ひいては選手としての強さになります。




健康を取り戻すには、食べるってことについても、覚悟が求められます。


「なんちゃって」高タンパク食になっていませんか?




当院の鍼灸と栄養療法(メガビタミン療法)は、きっとあなたにとって、健康づくりの一番の味方になれると思います。


大阪市中央区玉造の鍼灸院、はりきゅう和-nagomi-、土日も鍼療、木金は夜八時まで開けて、皆様の健康づくりのお役に立とうと準備しております。


ぜひ、ご活用ください。







【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com


コメント


bottom of page