「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

薬剤師が、家族に薬を飲ませたくない理由

先日、薬剤師の先生と、

糖尿病の治療について、

話す機会がありました。

ご主人が、長年糖尿病予備軍で、

「まだ薬を飲むほどではないけど…」

と、糖尿病の薬を処方される手前のところで、

なんとか持ちこたえていたのですが、

あるとき、とうとう、お医者さんから、

「そろそろお薬を始めましょう」と言われてしまいました。

それが10年前の話。




「なんとか薬を飲ませないで済むように」

そう決めて、ご夫婦で、糖質制限をはじめとした

食事療法に取り組んだ結果、2ヶ月後の血液検査の結果、

糖尿病の薬を飲む必要はなくなりました。


今も、 食事療法を続ける限りは、


特別な治療が必要ない状態が保てています。



私は質問しました。

「なぜ、薬剤師である先生が、

ご主人に薬を飲ませたくないと思ったのですか?」

私たち鍼灸師が、自分の家族に

「鍼灸治療を受けない方がいいよ」

「鍼灸治療を、受けずに済ませられるように」

なんて、言ってたら?




ずいぶんおかしな話になりますよね。


薬剤師と鍼灸師では、事情が違うんでしょうか?



この世には、治すための治療と、対処療法の2つあります。



「対処療法」とは、「治す」治療ではなく、「悪化させない」

「まずは患者さんを死なせないため」の治療をいいます。


また、一般の、私たちにとって、薬はどれも薬ですが、

薬の中にも、治すための薬と、対処療法の薬があるのです。


(鍼灸にも、対処療法の鍼灸と、治すための鍼灸があります)




糖尿病に使われる薬とは、このうちの対処療法の薬。


治すための薬ではないのです。




「薬で進行が止まるといえるのなら、薬を飲むというのも考えます。でも、対処療法の薬は、進行を止めることすらできないので、だから、薬を飲ませたくなかった」

と、その薬剤師さんは言いました。

糖尿病は、現代医学では「治らない」とされている病気ですが、

取り組み方によっては、

健康と言って差し支えない状態を維持できる病気でもあります。

食事療法は、そんな取り組みの一つ。糖尿病の進行を止められます。

だから当然、お医者さんも、糖尿病に対する第一選択肢は、


薬ではなく、「食事で進行を止めましょう」といいます。




治療には、


1.治すための治療

2.対処療法

3.進行を止める食事療法などの治療法


と、「3つ」があります。





医者は、治すためであれば、

患者さんが泣き叫ぶほど、嫌がっても、

治療します。


これは、1の場合。治せると思った時です。

たとえば傷がぱっくり開いているような場合。

子どもが泣き叫んで、嫌がっても、

傷口を消毒しますし、縫うでしょう?





問題は、この世には、治せる病気ばかりではないということです。

糖尿病や認知症、ガン、様々な難病のように。

それが3です。


「あなた、腎臓悪いでしょ!塩分止めないと死にますよ!!」


という言い方で、患者さんに節制を迫ることがあります。


熱意と責任感のある、良いお医者さんほど、3の段階で強く言ってくれます。



医者も人間です。


治療を嫌がる患者さんに、無理強いするはしんどいです。


患者さんを叱るにも、あれやこれや考えて、気をもみます。




でも、それでも、患者さんのためだ!と思えば、嫌がられてもやります。




私たち、鍼灸師も、鍼灸治療が痛いことは、重々わかっています。

でも、鍼灸治療が効くと分かっているから、

その痛い治療ができるのです。

信念がないと、痛い治療は、できません。



公的には治らないとされている疾患…たとえば糖尿病、難病指定されている病気、腎臓病、減ったら戻らないひざの軟骨のすり減り、などであっても、私たち鍼灸師は、治すつもりで真剣に治療に向かい合います。


それは、病院の治療とは違う別の方法論を持っているから。


やってみる価値があると、信じてやっています。


鍼灸に来て下さる、患者さんも同じで、痛いけど、これで治ると信じてくれているから、この痛い治療を続けてくださいます。


鍼灸は効くかもしれないけど、痛い思いをするのは断固嫌だ!という人へ。



あなたが受けているその治療、

治すための治療ですか?

それとも…?

自分が受けている治療が、どっちの治療か、


ちゃんと、分かっていますか?



鍼灸師は、国家資格ではありますが、公的医療ではありません。


私たちは、あなたが受けると決めていただかなくては、治療できません。


でも、治療させてもらえるなら、治すつもりで全力で挑みます。







★ご予約、お問い合わせはこちら★

★この記事がお気に召したら


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com