栄養療法

栄養療法(製作中)

こちらのページはただいま実践中、実験中で、今後も書き換えられるページだということを念頭にお読みください。

>栄養療法は、簡単じゃないと意味がない!

>基本は食事!

>補いきれない分をサプリメント!

当院の鍼灸治療は、東洋医学の外科、簡易手術です。

身体の悪いところ、溜まったコリを、鍼で壊す…白血球は喜んで、壊れた細胞やコリを貪食してくれます。

でもそれだけでは、喜ぶのは白血球だけ。身体は治りません。身体を治すためには、壊れた細胞を、「新生」させるための「素材」が必要なのです。

 

新しく外から食べ物として取り入れなくとも、タンパク質はリサイクルされますが、それでも毎日最低20gは食べて取り入れる必要があるそうです。

20gのお肉なんて言ったら、サイコロサイズ1つですが、そんな量で足りるわけがありません。タンパク質20gは、卵1つでタンパク質7gくらいなので、3つ卵を食べてやっと20gです。

しかも20gは、最低限のタンパク質量の話。鍼灸治療は「外科手術」ですので、手術後は「普段」以上に栄養が不足します。

一日も早く治すためにも、老後を見据え、治りやすい体、病気になりにくい体を長期に渡って維持するためにも、ここで学校の「家庭科」を学びなおしてください。

何十年も前の「家庭科」の知識は、もう古びています。栄養学はここ10年程で急速に変わった分野です。

1.炭水化物を摂るなら朝。

2.ぼん、とん、とんリズム…朝たっぷり食べて、昼、夜は軽めに。

3.食べ過ぎてしまう人ほど、細切れで食事を。

4.ビタミンレス野菜に栄養無し。ミネラル、ビタミンは、海藻類とサプリメントから。

5.鉄はビタミンCと同時に摂る。

6.「治す」の基本は、鉄とプロテイン。

​7.よく噛むことが、最高のダイエット法。

食事は心から楽しんで、味わって、大切にいただいてください。サプリメントをお勧めしているからと言って、当院は、食事を軽視しているわけではありません。

 

里山の文化や、環境保全という意味でも、食は私たちの生活と深く結びついています。農業は、命の母です。私たちの心の健康にも、食べる喜びは深く関与しています。

 

でも、現在の農業事情では、野菜果物から。栄養が乏しくなっているというのも事実です。普通に食べても、十分な栄養が摂れなくなってしまったことは事実です。また料理を完璧にするというのも、多忙な現代人には難しいです。ですから。サプリメントを上手に利用してください。​

​ー

​タンパク質を摂るために

​普通のお食事でタンパク質を、例えば100g摂ろうと頑張ると、カロリーが2000キロを超えるくらい食べなくてはなりません。サプリメントを上手に使うことをお勧めします。

●チョイス ゴールデンプロテイン(プレーン)

​●ビーレジェンド カゼイン&ホエイプロテイン

 

●摂取量は、1日に20gを2回(朝夕)

最初は身体が受け付けない人も多いです。少量5g×3回から始めて、徐々に量を増やしてください。

牛乳が苦手な方、ヨーグルトが平気であれば、ヨーグルトの方が牛乳よりプロテインを溶かしやすくお勧めです。

​※プロテインは、同じものを買い続けるより、一袋終わったら、別のメーカーのものを購入するなどされることをお勧めいたします。

鉄分を摂るために

一番取っていただきたい栄養素は、身体を作る材料である「タンパク質​」そして、血液の材料である「鉄」です。ヘモグロビンは、鉄とタンパク質が結びついたものです。

サプリメントであれば、キレート鉄またはフェロケルというものがお勧めです。

鉄のサプリメントは安価で売られているので始めやすいと思います。

​ただ、慢性鉄不足の方は、鉄剤を飲むと「ムカムカする」ということが少なくありません。プロテインをしばらく飲んでから鉄サプリを始めると、平気になることが多いです。

プロテインから鉄をはじめるという、「順番」が、大事なポイントです。

●NOW社 アイアン 36㎎ 1錠から始めて3錠まで増量

鉄は、並行してビタミンCも一緒に摂るようにしてください。というのも、鉄は必ずしも吸収率が良くないです。ビタミンCが吸収を助けてくれます。

ビタミンCとメガビタミン療法

当院がやっている栄養療法は、『メガビタミン療法』といいます。メガビタミンとは、メガ(大きい、たくさんの)量のビタミンのことです。普通の食事量で摂れる以上のビタミンを摂ってくださいということで、サプリメントを使います。

しかし、「ビタミンは健康にいいのか」と、単にサプリメントをたくさん飲めばメガビタミンだと思うのは誤解です。メガビタミン療法を実地に試してきたことで、様々なことが分かってきています。とくにメガビタミン療法を始めるには、事前に土台作りが必要だということです。その土台こそ、糖質制限とプロテインです。

メガビタミン療法を試してみたけど、うまくいかなかった人が大勢おられ、そこから得られた教訓が、土台をつくりの大切さでした。

 

ただ、ビタミンCについては、鉄の吸収をよくする意味でも必要ですし、抵抗なく飲みやすい、よく見知ったビタミン剤だと思いますので、ビタミンCは、早めにはじめられてください。

また、ビタミンCの1回摂取量は、2g(2000㎎のこと)摂ることをお勧めします。

一回の摂取量が「閾値」(しきいち)を超える量が2gからだそうです。これは、ビタミンCのサプリメントのメーカーの見解です。

ビタミン.webp
ビタミンCー2.webp
​栄養療法の土台としての糖質制限とは

ここでいう糖質制限は、ダイエットのためのものではありません。

糖質に依存、中毒している身体を立て直すという意味で、ダイエットのために「一時的に」糖質をやめる、減らすというニュアンスはありません。

糖質依存からの脱却という意味での糖質制限ですので、ある意味ダイエットよりずっと大変な話です。

​(つづく)

メガビタミン療法(現在)

​●一日の摂取目安

鉄:NOW社 アイアン 36㎎ (キレート鉄) 必要量は100㎎なので3錠。※ビタミンEと同時に摂らないこと。鉄とビタミンEは8時間開けること。

ビタミンB:B50コンプレックス、100~300㎎、朝夕に1錠ずつ。

ビタミンC:当院では2000㎎/回を推奨します。鉄剤と前後して飲んで、鉄の吸収を助けてください。一日に2、3回。

ビタミンE:E400(d-αトコフェロール含有)、必要量400~800IU

油ものと同時に摂ると吸収が良いようです。

マグネシウム:必要量は400~800㎎

​ナイアシンまたはナイアシンアミド:メンタルの不調の場合。500㎎×3回から少しずつ増量する。吐き気、眠気が出ることもあるので、慎重に調整。

【お支払方法】

必要なサプリメントとプロテインを、当院でも販売しております。お支払いには、現金、クレジットカードのほか、銀行振込みがご利用いただけます。

銀行振込み

三井住友銀行 玉造支店(110)普通口座   6675754    ヤマサキ ミホ

★ご予約・お問い合わせはLINEが便利です。

★お電話でのご予約は、診療日の朝10時~正午までにお電話ください。

関連情報

重要事項説明書は、必ず事前にお目をお通しください。

重要事項説明書.webp
はりきゅう和-nagomi-のプライバシーポリシー