© 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー

はりきゅう和

気づくと同時に、スッと動ける。

思った通りに行動できる。

無事が当たり前でないことを知り、

鍛え、補い、準備する。

​健康を《習慣》にする。

 Profile 

プロフィール

山崎美穂

国家資格はり師・

きゅう師

【略歴】
1976 福岡県生まれ。

2001 国家公務員Ⅱ種試験合格。国立大学に就職。

2008 退職。

2012 森ノ宮医療学園専門学校入学。

2015 はり師・きゅう師の国家資格取得。

​2016 針灸院・整骨院に勤務した後、母親の名前「和子」から一文字を貰って、「はりきゅう和-nagomi-」を開業。

 
弟三人の長女。

頭痛、疲れ目、慢性疲労専門の鍼灸師

はりきゅう和  山崎美穂

小学生の頃、友達のお母さんが私につけたあだ名は、「糸の切れた凧」「極楽鳥」でした。太平楽な性格で、学校からの帰り道、橋の欄干に寝転んで本を読んだりしていました。

もともとの性格はおおらかでも、人生は平らかではなく、小学生の時はいじめにあい、社会人になってからは就職難に苦しみ、公務員になったんですが、就職三か月目にして髪が白髪に。日本語の文字が象形文字に見えるようになり、とちょっとだけ大変でした。

25年前に起こった阪神大震災は入試の年。地下鉄サリン事件、オウム事件、政治的にも新党ブームがあったり、就職は超氷河期だしで、いろんなことがありました。日本は安全でも安心でもなかったし、想像してたより人生は楽勝ではなさそうでした。

だから公務員は人気の職業でした。合格した時には「これで人生安泰」と思わなくもありませんでしたが、まったく公務員に向いてないタイプで、経理部からスタートしたキャリアは、たった三か月目にして「ダメかもしれん」に変わりました。まだ26歳でした。

でもそれから数年は未練たらたらで、公務員の安定を捨てられず、「病気になったからこそ辞めたら終わり」と職場にしがみついていました。

鍼灸師になりたいという気持ちがどうして決定的になったかは、覚えています。

3.11と同じ年の2月、祖母が亡くなりました。96歳老衰で。

大正生まれの祖母は、本当に古風な女性で、磯野家のフネさんよりもっと静かで、自分の家ですら気配を消しているような人でした。

そのおとなしい祖母が、ごくごくまれに、「背中をさすってほしい」と言うことがあって、私は…さすってあげませんでした。

そのことが亡くなってから強い後悔になり、それで「人に何かしてあげられる技能が欲しい」と思うようになりました。

私の祖父も、母も公務員で、おおやけの仕事に使命感を持って働いていた姿を見て育ちましたが、また同時に、病気によってその仕事が奪われる姿も見てきました。

一生できる仕事、人の役に立てる技能

 

それが鍼灸師だったのは、子どもの頃母が大分県の目の見えない鍼灸師の先生にムチウチを治してもらったからです。母は今でもその先生に感謝しています。

そんな私にとって鍼灸師は、あこがれの職業の一つでした。でも「あの先生がすごかったのは、目が見えなかったから」という気持ちが強く、それまで目指そうとはしませんでした。

それが「目指そう」という気持ちに変わった理由は、自分が鬱で身体をボロボロにしてしまったからです。

うつ病というと、メンタル的な苦しみをイメージされると思いますが、実際には私は心より、身体がボロボロになりました。

見た目に分かりやすいところでは白髪。右の頭頂部からこめかみが真っ白になりました。全身の筋力が萎えて、座っていても身体を支えられません。必ず肘で身体を支えないと起きていられません。ずっと座っていることも困難になりました。異常に病気にかかりやすく、「たかが風邪」で胸に水が溜まり、すぐ肺炎を起こします。

「絶対に健康を取り戻す」「健康になる道を見つける」

そう決意して、まだ足取りがフラフラする状態で郷里を出ました。当然家族には反対されました。

今はピンピンしていますが、私の考えでは、まだ道半ばです。

-

鍼灸学校卒業後、実家に戻り、家族や近所の人の治療をして暮らすという選択肢もありました。でも私にはまだ見えていないものがありました。

それは、働く人がずっと健康で、生きがいを持って、楽しみながら働き続けられる道でした。

働く私たちには、仕事、家庭、やるべきことが多すぎる…すべての基盤である健康を失って初めて、仕事も家庭も、自分の健康という基盤があってこそ成立していたものだということに気づく…それでは遅すぎるのです。

-

 

母は、通勤中に追突されてムチウチになったのですが、それは鍼灸治療で治りました。しかしその後、リウマチに長年苦しんでいます。

 

そのリウマチを、盲目の鍼灸師が予言していました。

「このまま行くとあなたは何年か後にリウマチになるから、予防のためにお灸をすえ続けなさい」と言われた通りになってしまったのです。

母が予言にも関わらずリウマチになってしまった理由は、その鍼灸院が通うのが大変すぎたからです。休日を丸一日つぶして、朝4時に家を出て、治療してもらえるのは午後三時という鍼灸院に通い続けるのは、ワーキングマザーで四人の子持ちだった母でなくとも無理です。

-

誰でも、「健康が大事ですか?」と聞かれたら「大事です」

「仕事より大事ですか?」と聞かれても「大事です」と答えるでしょう。

けれど、実生活上で、健康を、自分自身を、大事にできているか?と聞かれたら、「できていません」「難しい…」と答えることでしょう。

それは、「重要」だけど、「緊急」ではないからです。

縦軸に、「緊急-緊急でない」、横軸に「重要-重要でない」という表を作ったら、母にとってはムチウチは再起不能がチラつくほどの、「緊急で重要」な要件でした。

けれど、予言されたリウマチは、その時点では、「重要ではあっても、緊急ではない」枠だったのです。

-

 

もし、あのとき鍼灸院に通い続けることができたら、母はきっとリウマチにならなかったでしょう。

人の知恵には限界があります。予防するほどが治療するよりずっと大事なことなのに、予防は、治療ほど重視されません。

でも、「重要ではあっても、緊急ではない」ことは、「緊急(大抵は健康ほど重要ではない)」に押しのけられてしまうから、リウマチを予防することができなかったのです。

私はもちろん、重要で緊急な治療(ムチウチ、ぎっくり腰)を任せてもらえることは嬉しいですが、それより、「重要ではあっても、緊急ではない」健康づくりを手伝いたいのです。

頭痛や疲れ目、働きすぎ、過労は、かつての自分や母のようなオフィスワーカーの宿痾です。頭痛と言えば痛み止めでごまかすしかなく、疲れ目には目薬、働きすぎは「休んでください」と言われるだけ。

ほかに良い治療法がない分野だけど、鍼灸なら、血流を改善させることができる。だから、「頭痛・疲れ目・慢性疲労」を専門にすることにしました。

もちろん腰痛やひざ痛、五十肩が治療できないということはありませんが、私が鍼灸師としてやるべき本分は、将来起こりうる疾患の予防、つまり日常的な健康づくりの「お手伝い」です。

​-

このページのトップにはこう書いています。

「思いついたとき、スッと動ける。思った通りに行動できる。無事が当たり前でないことを知り、鍛え、補い、準備する。健康を《習慣》にする

リウマチはしんどい病気です。

頻繁に高熱が出るし、関節や骨が変形すると、できないことが増えていきます。「気づくと同時にスッと動ける。思った通りに行動に移せる」という行動の自由が減るのです。

行動の自由は、リウマチになった母にとってだけの問題ではなく、年齢を重ねれば、誰であっても維持するのが難しくなります。

無事じゃない状態にならないよう、先に、先に準備が必要で、つまり「鍛え」、「補い」、「準備する」

患者さんにその大切さを伝えることを、私は使命だと心得ています。

「治す」ことももちろん本分ではありますが、この世には7000もの疾患があり、うち6500は治療法がないそうです。

 

「かかってしまってからでは対処できない病気」、リウマチがまずそのような病気だし、うつ病もまたそういう病気です。いえ、ほとんどの病気は、治ったと思っても表面的な治癒に過ぎないかもしれません。歯の治療をしても、削った歯を取り戻すことにはならないように。

だから「病気になりにくい身体」「かかっても治りやすい身体」を作るところから関わりたいうちを利用してくれる方には、健康に関する相談をするクライアントとして接していきたい。患者さんと呼びたくない。いや、患者さんにしたくない。

人生の「想定外」を減らす方が、トラブルになってから解決するより、よっぽど賢いのです。

・病気になったら、病院(鍼灸院)で治してもらえばいい、という無責任な人。

・健康マニアの頭でっかち、知識を集めてもまったく活用できてない情報弱者。

・自分の身体のことは全部分かってると傲慢になっている人。

私はそういった方に、そうじゃない、と言いたい。現代医学だって、まだ「どうすれば健康になれるか」という正解にはたどり着けていないのだから、健康の正解なんか誰も知らない。ただ健康になろうと努力することしかできない。

想定外を減らす努力、していますか?

が好きな人は、ただを摘むだろう。

だが花をしていれば、世話をし、毎日水をやるだろう。

あなた自身を愛してください。

​そのために、まず、あなたの身体のことを知ってください。

身体はずっと黙って、あなたの意志に仕えてくれています。糟糠の妻のように。戸籍上の妻との離婚は悲しみですが、身体との離婚は…?