​◆必ずお読みください

 

​◆検査は病院へ

 

​​◆鍼灸にできること

治療費​

当院の治療

​◆鍼灸院での着替え​

​​◆​キャンセルと遅刻

​◆メンテナンスと未病

治療に使う道具

paypay対応

鍼灸は東洋医学の外科だから

こり固まり、古く錆びた細胞を壊して取り除く観血治療です。

治療後も注意が必要です。

◆治療した日は早く寝る◆

◆タンパク質と鉄を摂る◆

◆当日の飲酒は禁じます

Visit flow

来院フロー

​はじめてのご来院から、最初の数回の治療についてご説明いたします。

初診のお申込み:

●希望日の午前、午後、どちらがご希望か。

●特定の時間が希望の場合は、その時間をお伝えください。

・治療時には必ずお着換えしていただく必要があります。衛生面が気にかかる方は、お着換えとフェイスタオルをご持参ください。

・女性の下着についてだけ、お願いがあります。ブラトップだと、背中の治療がやりにくいので、背中でとめるタイプのブラにしてください。男性は上半身の服を脱いでいただければOKです。

【初診治療】

●お名前を確認します。

 

●重要事項と、予約・キャンセル方法について説明します。書面でもお渡しします。

●お悩みについてお伺いします。

事前問診のページと同じ内容を確認させていただきます。オンラインで事前問診のページからご回答いただければ、問診時間を短く、治療時間を長く取ることができます。

●重要事項説明書の内容がOKで、事前問診にご納得いただければ、問診表を書いていただきます。

こちらの問診表では、平均体温、普段の食事、常用しているお薬、既往歴、注意すべき点などについて教えていただきます。問診表も事前問診のページにエクセルの用紙がありますが、来院後にご記入いただければ十分です。

●お悩みに対して、当院にできること、できないことをお話しします。

●治療後、当院の治療法との相性を教えていただきます。その場では何とも言えない方が多いので、数時間後または翌日、LINEからお返事をいただくことも多いです。

治療後、しんどくなったか。改善したか。好ましい結果が出ていなくても、それ自体が情報です。ありのままをお知らせください。

●初診治療の目的は、「相性の確認」です。次回以降のご予約は「嫌ではない」ことが分かってからで十分です。検査や治療方針策定は2診目以降に。

【2診目・3診目】

●前回の治療の結果の確認。治療後どれくらいしんどさが続いたか、などお聞きします。それによって体質の強弱、つまり治療の強さ等が決まります。はっきりしない場合は、初診時と同じ内容の治療を、強度を変えてもう一度して、様子を見ます。

●全身的な検査

全身の状態を検査します。

検査結果と、今後の見込みなどについてお話し、治療計画を練ります。

【3診目または4診目】

治療の本番です。

治療日は、当日・翌日と二日間、ゆっくり休める日です。治療後、大変しんどくなることがあります。

●一度で治るものではありません。長年の宿痾は、冷凍焼けした肉を柔らかくするような大変さがあります。治療は数回、ときには一年といった長い月日がかかることもあります。

【4診目以降】

●中間問診をします。これまでの治療の結果次第で4つに分かれます。

​治療を継続するか、終了するか。治療を終了し、メンテナンスに移行される方もいます。

「ほぼとれたけれど、まだ一部に残っているところがあると感じる」

「十分治ったと言える。満足したので治療を終了したい」

「十分な効果が出たとは言えなかった。けれどもう少し治療すると結果が出そうな気がする。治療を続けたい」

「納得いく結果が出なかったし、期待もできないと思うので治療を中断したい」

© since 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー