フラジャイル病理医岸京一郎の所見

著者:草水敏 マンガ:恵三朗

出版社:アフターヌーンコミックス 定価:kindle版0円


新型コロナウイルスで注目を集めた「臨床検査技師」という職業。その臨床検査技師が勤める病理部のトップ、病理医という職業。…ところで病理部って、何するところ?


病理医とは、生検や病理解剖などを行って、病気の原因過程を診断する専門の医師のこと。各診療科の医師は、彼の鑑別をもとに、診断を確定させたり治療の効果をはかる。


生検とは、「生きている人」から、細胞を取り出し、培養して検査すること。生検の目的は、治療に役立てるため。薬は効いているか? 医者の見立て(病名)は間違ってないか? ということを調べる。


私たちが病院に行ったとき、担当してくれるドクターは、顔も名前もわかるのですが、総合病院では、そのドクターに先生が付いていることがあります。


それはドクターの師匠という意味でもあるし、上司という意味でもあるし、先輩や同僚という意味もあります。


病院にはたくさんのお医者さんがいるということは、至極当然のことなのですが、中でもドクターズドクターと呼ばれる役職があります。それが病理医。医師の診断にケチをつけたり、正しいと裏打ちしたりする立場にあります。(病院では一目置かれる存在です)


お医者さんにはドンと構えて欲しいという考え方もありますが、一方、「本当にこの診断で間違いないか」「もっと良い治療法はないか」と考えるお医者さんの方がありがたいという考え方もあります。


お医者さんは頭のよいかたばかりですが、神様ではありません。


自分の診断に悩むこともあり、治療法に悩むこともあります。


総合病院ともなれば、様々な疾患を抱えた患者さんが来ます。


なんでも、この世の病気は700もあるそうですが、そのほとんどは、まだ完璧な治療法が存在しないそうです。


そういえば、たかが風邪でも、治りやすい風邪と治りにくい風邪があります。




人生100年時代。


死ぬまで健康というわけにはなかなかいきません。


健康リテラシーを高めるために、病院という職場について。医療という仕事について。深く勉強するにはもってこいの漫画です。


でも、漫画ですが、簡単とも、読みやすいとも言えません…繰り返し読まないと。




#フラジャイル病理医岸京一郎の所見

#病理医

#病理部

#臨床検査技師

#放射線科もあるよ



​ご予約・お問い合わせはこちら。

© since 2016 身体のメンテナンス専門治療院 ーはりきゅう和ー  当院のプライバシーポリシーはこちら