鍼灸治療なのに食事も指導する理由

カラダを治す補修材料はタンパク質。タンパク質と言えばお肉・お魚・卵・チーズなどですが、「すぐお腹がいっぱいになって、量をたくさん摂れないわ」という女性がいます。

鍼灸治療は、コリを取り除き、血行を改善して治すという治療法なので、良質な栄養を摂っていただくと治療効果が倍増します。


栄養の中でも、今回は、身体を作っている素材、タンパク質のお話をさせていただきます。


鍼灸治療で使う鍼はとても細く、髪の毛ほどの太さなのですが、たまに青タンができやすい方がいます。そういう方はほとんど女性ばかりで、しかも年齢を重ねるほどに青タンができやすいと感じています。


一方、男性はどうかというと、年齢に関係なく青タンができにくい傾向があります。この違いは血管の弾力性にあります。青タンは、血管の弾力性が失われかけているサインです。血管も素材はタンパク質が中心です。


つまり、青タンができやすいということは、タンパク質が不足している証拠です。あなたはどうですか?青タンができやすいのではありませんか?


というわけでタンパク質をもっと摂っていただきたいのですが、食の細い女性にとっては摂るのが大変なようです。




■ 一日に必要なタンパク質の量を知っていますか?


健康な人で、一日に必要なタンパク質の量は、その人の体重gだと言われています。


つまり、体重50kgの人は、タンパク質を50g摂らなくてはならない、という意味です。


どこか体調が悪い人、ケガや手術をした人、月経の出血中…そういう場合は、一日に必要なタンパク質の量は100gは必要だと言われます。


失った分だけ、新たなタンパク質を補充しなくてはならないからです。





■ 今日からはじめませんか?夕飯の主食抜き


あなたがもし、もっと健康になりたいとお考えでしたら、夕飯の主食を止めてみませんか?


つまり、ご飯を食べてしまうと、それだけでお腹いっぱいになってしまって、タンパク質がしっかり食べられなくなるので、主食のご飯やパンを控えるという作戦です。


そして、タンパク質が豊富な食材、肉、卵、チーズ、魚を一種類ずつ、少量でいいので、まんべんなく食べてください。


#夕飯の主食を抜く

#お肉卵チーズ魚をまんべんなく食べる


男性に比べると食の細い女性の方は、主食を抜かないと、必要量のタンパク質を摂れません。でも、月経のある女性の方が、毎月失う分、タンパク質がたっぷり必要なのです。


この食事方法の良いところは、タンパク質は主食のごはんやパンに比べ、消化に時間がかかるため、間食や夜食が減ってくることです。


いきなり主食抜きはきつい!と思われる方もいるでしょう。それでしたら、まずは夕食の主食を減らして、おかずを増やすところから始めてみてください。



RECOMMEND

こちらの記事も人気です。


PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


「元気があればなんでもできる」と言いますがひっくり返せば「やりたいと思うことができないのは元気がないから」


子どもの頃、働く母親の背中を見て育つ中、どれだけ忙しくても続けられる治療院があったらな…と思ったことがきっかけで、気付けば自分が治療家になっていました。



詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【イベント情報】 養生ナイトカフェ@zoom

10月27日(火)19時半~21時 「糖質制限大質問会」

こんなことを学びます

糖質制限についての分からないこと、なんでも質問できます。


料金1,000円 paypay払いできます。 お申込みお待ちしております。 質問、感想等もこちら 89nagomi@gmail.com

お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram


発行者 はりきゅう和 やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com



​ご予約・お問い合わせはこちら。

© 2020 はりきゅう和-nagomi-  当院のプライバシーポリシーはこちら