「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

筋力が落ちると、寝返りが打てなくなる

うつ病を体験した人が、皆そうなるというわけではないと思いますが、私の場合、うつ病は筋力を落とすという形であらわれました。


そして、筋力が落ちに落ちると、最後(さらに上もあるかもしれませんが)寝返りが打てなくなりました。


筋力が落ちると 寝返りが打てなくなる
筋力が落ちると 寝返りが打てなくなる

寝返りが打てないと、寝るのが凄くしんどいです。


というか、最初は、自分が寝返りが打てないことが分からないです。


気づくことができない。


「なんか、最近寝てるとしんどいなぁ」


うつ病なんで、寝付けない、寝てても中途覚醒で目が覚めるってのは、当たり前なので、眠りが浅いとか、寝ても疲れがとれないとか、そういうことには疑問は感じないのです。


「寝てるとシンドイ」になったとき、私はたぶん、悪い方に一皮むけてしまっていたのです。




寝付けない

眠りが浅い・寝ても疲れが取れない

中途覚醒・早朝覚醒する

寝るとシンドイ



たぶん、こんな感じ。


首が悪いのか、枕が悪いのか、なんだろうなんだろう、色々考えて、やっと最後に気づくのです。


「あ、寝付いたときと、起きたときで、姿勢がビタイチ変わってない」


寝たときの、そのまんまの姿勢で、朝目覚める。布団が乱れない。




寝相がいいわけじゃないので、布団が乱れてないのはおかしい。


「睡眠薬飲んで寝てると、そうなのかなぁ?」


とも思ったのです。


でも、睡眠薬のせいにするには、寝返りを打ってないっぽいことが、説明つかない。




で、うつ病を患ったばかりのときではなく、かなり後になってからの話なのですが、私、断食道場に入ってみたのです。


9日間入って、9キロ痩せたんですが、そこが、西式健康道場というところで、なんと、そこでは、断食だけでも大変なのに!


板の上に寝る!


枕も、木の枕!木製!


硬い!




板の上に寝ると、当然ですが、硬いのです。痛いのです。


寝返りすると、不自然な感じがして、目が覚めるのです。


そして、朝起きると、背中がなんか冷たい。(木だから冷えるのかなと思います)


寝返りが打てないと、背中の血行悪くなる!(板の上に寝てるからなおさら、血行悪い)




断食道場に入ったのは、退職して、まあ普通に生活できるようになってきていたときだったので、寝返りできないと大変ということを自覚するまで、かなり時間がたってしまっていました。


寝返りできないって、大変なことなんです。


寝返りできないことで、身体は確実に悪くなる。


でもいったんできなくなると、できるようになるまで大変。


木の板の上に寝て、寝返り打てない問題の深刻さを自覚して…ひいては、それが筋トレが必要だという自覚に繋がっていきます。




免疫力低下と筋力の低下。


気づいたときは、もうそれはかなりうつ病が重い状態です。


というか、うつ病が重いときは、なかなか本人、気が付けないかもしれません。




あと、余談ですが、断食はともかく、板の上には寝ない方がいいかなと。


背中が冷えますし、あまり健康にいいとは思えませんでした…はい。




 

★ご予約、お問い合わせはこちら★


RECOMMEND


 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

 

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

 

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com