「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

コリの正体

意外に思われるかもしれませんが、コリの正体について、医学的に「これ」だとはっきりしたことがわかっていません。グーグル検索すると、「コリの正体は、老廃物だ」「筋肉が生み出した乳酸だ」と書いてあるのですが、最近の説では、コリの正体は「筋膜の癒着」だとされています。


筋膜という言葉も、癒着という言葉も、もう一つしっくりこない言葉ですね。筋膜の前に、筋肉をイメージしてほしいのですが、皆さん、お料理する前の、トリのささ身は見たことがありますか?そのささ身を包む薄い、半透明…ちょっと濁った透明な膜が筋肉を包む膜の層がありますね。筋膜です。


私たちの体を作る材料は、タンパク質というものです。


この筋膜というのも、タンパク質で出来ています。




(1)癒着

筋膜について話を始める前に、上の文中に出てきた、「癒着」という、ありふれた、でもよくわからない言葉について、話しておきましょう。


今度はプラスチックをイメージしてもらえるでしょうか。


プラスチックは、火に近づけると、溶けます。溶けたプラスチックをまた別のプラスチックにペタッとくっつけてみましょう。


火から離れた二つのプラスチック、くっついてしまいますよね。


溶けて、くっつく。これが癒着です。





(2)筋膜

続いては、筋膜という言葉について。


トリのささ身。あれ、肉(筋肉)を、薄い膜が覆っているんですが、ご存じでしょうか?実物を見たことがあると話が早いのですが、見たことがなかったら、今度ささ身を買ってみてください。


筋肉というのは、学校の生物の授業で、「繊維」だと習いませんでしたか?2種類の筋繊維だとか。繊維だとしたら…糸束のような状態だったら、すぐ絡み合って、訳が分からなくなっちゃいそうです。何本かまとめて、たとえばラップとかに包むと、糸同士が絡まなくて済みそうですよね。


実際筋肉もそういう風に作られていまして、筋繊維は適宜、ラップのような膜で包まれているんですね。大きな筋繊維の束も、ある程度の単位で束にしてまとめて…まとめて、で、上腕二頭筋とか、下腿三頭筋とか、そういった「名前の付いた筋肉」になっているわけです。


ラップは熱に強い加工がされていますが、人体の膜は、ただのタンパク質で、加熱には弱いです。すぐラップ同士くっついちゃいます。


それが筋膜です。というか、筋肉に限らず、人体は、たくさんの膜で出来ています。皮膚も膜です。表皮の内側にも膜があり、真皮といいます。脂肪層があって…断熱材とか、充填剤のようなものですね…腹膜があって、その中に内臓がありますが、胃とか腸とかも、また膜です。膜、膜、膜、膜、人体って、膜の重なりです。


そして、膜がなんのためにあるかというと、膜で情報のやり取りをしたり、さっきの筋繊維みたいに、他の束と区別する役割だったり、束と束をある程度まとめていたりします。


膜での情報のやり取りというのは、血液や酸素、水分、栄養素、あと痛みとか、位置感覚とかも、膜でやり取りしている情報です。ホルモンなんかも、膜でやり取りされています。


実のところ、筋肉なんかただの繊維で、収縮するだけが仕事です。高度な感覚…痛覚なんかありません。筋肉が痛みを感じるんじゃなく、筋肉を包んでいる膜が感じるんです。


「筋肉痛」を感じているのは、筋肉じゃなく、筋膜なんです。




(3)私たちの体はタンパク質

私たちの体はタンパク質というもので出来ています。

骨も水もありますが、だいたい私たちの目に入るのは、タンパク質部分だけです。


そんな私たちの平均体温は36度強です。


新型コロナや、これから先の季節に流行るインフルエンザ、いずれも高熱が出ます。高熱が出るのは、体の中のばい菌を殺すためなのですが、でもあまりに熱が高いと、高すぎる熱をさげるため解熱剤を処方されます。


それは、高すぎる熱が、私たちの体をつくっているタンパク質を溶かしてしまうからなのです。


高熱を出さなくても、体の中では日々熱を生み出しています。


とくに筋肉は運動すると発熱するので、一部の筋肉だけ、高温になることがあるのです。ときに、タンパク質が溶ける温度を、瞬間的に上回ることがあります。


そしてコリができるのです。


※アスリートが、頻繁に、筋肉をアイシングする理由を想像してみてください。筋肉に熱を持ちすぎると、良いことがありません。


※高熱を出し過ぎると、上記の筋膜の項目で書いた、あれこれの大事な膜があっさり死にます。あれこれの膜の中には、人間の生命に直結するものもあります。


※タンパク質を摂らずにいると、肌がくすんできます。表皮(皮膚)に出ている影響は、皮膚にとどまらず、全身すべての膜がトラブっているという予告です。





(4)コリの原因は、タンパク質の熱変性(たぶん)


プラスチックの場合、冷えて固まると、無理やりひっぺがさないと、離れません。


では、筋膜と筋膜が張り付いてしまったら、どうやれば剥がせるでしょう?


コリ(筋膜の癒着)も、いったんくっついてしまったら、筋膜をもぎとらなくては、もとの状態に戻らないのでしょうか?


だとしたら、コリは永遠に治らない病気?


ってことになってしまいますが、そんなことはありません。




プラスチックとは違い、タンパク質は濡らすと、ほぐれます。冷凍したお肉も、解凍したら柔らかくなります。


これがタンパク質のすごいところ。命ってすごいです。




でも、はなはだしすぎる場合があります。


ステーキを焼いたら、表面は黒くなります。色が変わるところまで変化してしまうと、その細胞は死んでます。死んだ細胞は生き返りません。熱変性といいます。


熱で、もともとのタンパク質の性質が、変わってしまった状態です(熱変性の意味)


でも、全部再生させるのは無理ですが、生きている細胞があれば、その周囲なら、再生させることができます。




ただし、そのためには、死んだ細胞を、きっかり取り除かなくてはなりません。そこに炭が居座っていたら、新しい細胞ができませんから。


つまり、「きれいにお掃除」「地ならし」してないと、うまいこと、再生できないのです。


半分死にかかった細胞が残っていたり、コゲがこびりついていたりすると、再生がうまくいきません。そういう半端な状態になっているところが、年齢を重ねた体には、あちこちにあります。言うならば、完治してない故障個所…つまり「古傷」となっています。




ところで、折れた枝を見て、生きている木(生木と言ったりしますね)と、枯れている枝と、すぐ見分けられますか?まだ生きている枝(折られたばかりの枝)と、枯れている枝と、私には難しいです。


生きている枝なら、正しく扱えば、接ぎ木なんかして、また生き返ることができますが、完全に枯れている枝は、接ぎ木したところで、成長したりしないでしょう。


細胞の中に、生きている細胞と、半分死にかけの細胞が混在していたとして、それが生物全体としては生きて、ピンピンしていたら、「この部分だけ死んでるよ」と言って取り除いたりできるものでしょうか?


それが皮膚表面にあるならともかく、体の中だったら?無理ですよね。


腕がドーンとあるとして、ある部分は死にかけの細胞が多くて、瀕死状態でも、全体として、腕としては機能している。だとしても、パフォーマンス、ばっちりなんてことはないわけです。たとえるなら腱鞘炎の人の腕、生きている人の腕なのに、一部の筋肉はほとんど血の気が無い、枯た木のようなカッサカサ状態になっていることがあります。東洋医学では「虚血」(血があんま来てない)ギリギリ生きているけど、何らかの理由(圧迫とか)で、血が来てない筋肉があったりするんです。


確かに目では、皮膚しか見えないですけど、鍼を刺せば、体の中の瀕死の筋肉を見ることができる。コリを取り除けば、その筋肉を復活させることができるんです。簡単じゃありませんが。


その方法について、もうちょっと具体的に説明しましょう。




(5)鍼灸はどんなふうにコリをほぐすの?


上の(4)で、濡らすとタンパク質の癒着はほどけると書きましたが、体の中に、筋膜を濡らす水があるでしょうか?


いくらでもあります。

私たちの体は、水もたくさん含んでいます。一部がカラカラに乾いて、癒着したとしても、ぬらせばまた元通りなのですから、濡らせばいい。ちょっとした理由でカラカラになっているだけなのだから、逆も簡単です(死んでたら無理ですが、生きてるので)


ただし!コリが大きすぎると、コリの表面だけチャパチャパ濡らしたところで、芯が残ります。


問題は、コリの芯…コアを濡らすことです。


マッサージなんかで、皮膚の上からゴシゴシこすったところで、溶けるのはコリの表面だけ。「ちょっと手触り柔らかくなったかな?」というくらいにしかなりません。またすぐ硬くなってしまいます。


ところが、鍼灸なら、鍼がコリの芯に直接アタックできるんです。


コリの芯に鍼があたると、瞬間、花が咲くように? 傘が開くように?コリがほぐれて、「ひらく」感覚を味わいます。