top of page

「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

肌が濡れた状態を放置するだけで神経痛に。



たとえば、神経痛は、痛風って言葉と同じくらい一般的で、誰でも聞いたことはある。


でも、私は痛風になった経験はないし、身近に痛風で苦しんでいる人もいないし、患者さんに痛風を相談されたこともないので、痛風という言葉を知ってはいても、「痛風になったカンジ」は分からない。


きっと、神経痛も、神経痛になったことがない人にはピンと来ないはず。


肌が濡れた状態を放置するだけで神経痛に
肌が濡れた状態を放置するだけで神経痛に

神経痛の人が最近多くない?


でも、今春は寒暖差がきついからか、梅雨前から雨が多かったからか、神経痛に苦しんでいる人をちょいちょい見かける。


かくいう私も、今年は神経痛に悩まされた一人。


もちろん私も、ほんの数年前まで神経痛の経験はなかった(今、痛風を知らないように)


だから、ある症状が起こりはじめたときも、この「カンジ」が神経痛なんだってピンと来なくて、気付くのにしばらくかかった。




ちょっと思ったんだけど、「病名」って不思議だ。


病名を聴いただけで、何か分かった気になれるのに、自分がかかったときは「まさか!」って思うんだから。


きっと新型コロナに初めてかかった人も、最初はただの風邪だと思い込もうとしたと思うし、癌になった人も「まさか自分が」と思っていたはず。


私の母はリウマチなんだけど、「リウマチっぽい」と思っても、最初は血液検査が否定的に出て、病名が決まるまでずいぶん時間がかかった。


うちの母みたいな話まで含めると、病名って、一般に思われているより「自明的」じゃないみたい。


ま、余談はこれくらいにして、今日は「神経痛」の話。





神経の種類の話


私たちの身体に「神経」と呼ぶものはいくつかあり、大きな区分では、


  • 脳神経

  • 脊髄神経


に大別される。


これは、「どこ」から、神経が出ているかという区別。


脳から出ているものと、脊髄から出ている神経とがあるってこと。




さらに、脊髄神経に3種類あって、


  • 自律神経

  • 運動神経

  • 感覚神経


この三つは全然別の仕事をしていて、だから、この区別の仕方は、神経がやっている仕事の違いだ。



  • 自律神経は、内臓の働きや、汗を出したりといったことをやっている神経。

  • 運動神経は、筋肉を動かす神経。

  • 感覚神経は、逆に身体の末端から中央(脳や脊髄のことを中枢っていうけど、真ん中、中心のこと)に教える神経だ。


運動神経は、中枢(脳・脊髄)側から、手足など末端に向かって指令を出して、


感覚神経は、その逆。末端から中枢に向かって指令を飛ばす。「右手の人差し指のササクレが痛いぞ!」とかね。





神経痛ってどういう病気?


神経痛の代表格は、

  • 三叉神経痛

  • 肋間神経痛

  • 坐骨神経痛

三つある神経のうち、感覚神経。


感覚神経も、メジャーなところには、固有の名前があり、それが三叉神経だの肋間神経だのという名前のついた神経。


一番有名なのは、もちろん坐骨神経だと思う。


だれかにこれが降りかかると、しばらくその話題でもちきりになる。




昨日、行きつけのカフェに寄ろうとしたら、正午すぎていたのにシャッターが下りていて、


「店主、ギックリ腰のためしばらく休みます」


と書かれていた。この記事を書こうという決断を、後押ししてくれたみたいだった。





ギックリ腰と坐骨神経痛


ギックリ腰と坐骨神経痛の違いが、よく分からないと思う。


神経痛には、ある特徴がある。


1.特定の神経の通り道に痛みが生じる。


神経は枝分かれしている。大河の流れみたいに。


川上で大雨が降ると、支流全部に雨水が流れ込むけど、神経痛の場合も、その神経の支配領域の全域に影響する。


同じように大水が支流に流れ込むんだけど、特に川幅が狭いところとか、走行がうねうねしてるとことか、堤防が弱いところとかで災害になり、川幅が広いところは持ちこたえることができたりもする。


神経が傷んで起こる痛みとはいえ、かならずしも、広がった神経の、全部が同時に痛いというわけじゃない。


でも、まったく関係ないところが傷むわけでもない。やっぱりその神経の支配領域内に限定して、痛い。




2.傷み方は鋭い。


私はこの痛みを「電撃的」と感じるけど、「針で刺されたような」という表現をする人もいる。


鍼灸師的には不満。


神経には電気が流れているので、電気的な痛さだと表現する方が適切な気がする。


神経痛の痛さは、電撃みたいに一瞬だったり、続いても何分かで、持続時間は長くない。ただ、その電撃は一回じゃなく、繰り返し起こる。


「ビリッ!」と一回来て、しばらく余韻で苦しんで、忘れた頃にまた「ビリッ!」と来るカンジ。




3.神経痛予備軍


私によくあることなんだけど、冬の寒い時期とか、頬あたりの神経がダメージを受けていることがあって、「神経痛予備軍」みたいな状態…になっていたりする。


こういう時期、何気なく自分の頬を触ったとき、頬に「イヤな感じ」がする。「ピリピリ」「ひりひり」する感覚。


「これ、ほっとくとまずい気がするな…」なんて思うんだけど、昔はどうしていいか分からなかった。


今は鍼灸師だから、対処法が分かるけど。



神経痛は、2で書いた「電撃」…最初の電撃が起こる前とか、最初の電撃が来て、次の電撃が起こるまでの間とか、痛みが治まっている間も、「そこにいる」


帯電してる…っていうのかな。


電気が十分溜まったらスパークしてやるぞ、と病気が準備しているみたい。




あ、あれだ!足がしびれた時!


ちょっと治まったと思っても、誰かがイタズラで足の裏をつついたら、やっぱりシビレが来る。つまり、シビレは完全には治まってないんだ。


…やっぱり、帯電に近い気がする。




あと、痛みが起こりそうなとき、うっかり「くしゃみ」とかすると、ズキン!と来る。





神経痛を起こす原因


この春の神経痛は、本当にしんどくて、私は最初、左の耳の後ろが痛くて、それがようやく治ったと思ったら、今度は右の耳の後ろにズキン!と来た(実際は、移動したわけじゃないけど、左から右に移動したみたいに感じた)


後で原因を考えてみたけど、いくつか私自身が作り出した原因が思い当たる。


それは、


(1)最近「勉強」と称して、オーディブルで本を読んでいた。


歩いて通勤するようになって、片道40分もかかるものだから、時間を有効に使おうと考えた。


そのために、イヤホンも買ったけど、買ってから、「耳の疲れ」みたいなものを自覚するようになった。


イヤホンを買い替えたりもしてみたけど、ダメだった。


耳だって神経。聴覚神経という神経だから、神経がくたびれていた可能性がある。



(2)耳かき


私の悪い癖で、筆立てにいつも耳かきが入っている。


家も職場もだ。


そして、手持無沙汰のとき、耳かきをしてしまう。耳の違和感に弱いのだ。


それが耳の内側、内耳を傷つける行為妥当ことは分かっているが、なかなか止められない。


そして、耳の違和感が苦手なので、そんなことになっているのに、まだ耳かきがあきらめきれないのだ。



(3)もともと喉が弱い


耳の次は喉。私は喉が生まれつき弱い。


扁桃腺炎を何度も繰り返している。


耳と喉はとても近い場所にあり、お互いがお互いに影響することは多い。


耳をイヤホンと耳かきで傷めた後、私は今度はのどを傷めた。


内耳を傷つけてしまったことと、内耳におそらく細菌?とかが入って、喉にもダメージが来たことを悟った。


なぜなら、左の神経痛を起こす、数日前まで、私は喉痛に苦しんでいたからだ。




そして、最後に、左耳の後ろ側のところに、バン!と電撃が落ちたのだ。


この辺りには、「大後頭神経」というのがある。この神経の領域に、断続的に雷が落ちる数日間は、かなり辛かった。





どういう人が、どういう状況で神経痛になるのか?


私の実例は、ちょっとは参考になると思う。


神経痛は、中年から高齢者に多いのだが、誰でも、何歳でも、なる病気だ。


★ 神経に繰り返しダメージを与えて、疲れさせる。

中年期の神経は、長いこと使って、こき使っているので、いつでも準備OKだが、私のように、突然イヤホンを長時間使うような生活になったりすると、特に起こりやすい。


実はイヤホンによる、神経の圧迫も関係あったと思う。




神経はいかにしてダメージを受けるか?


神経は、実は単体では生きていけない。水がないと生きられないミドリムシとか、「藻」(も)的な、繊細な存在なのだ。


神経に必要なのは、血液(栄養と酸素)と、温かい筋肉というお布団。


冷えにはすこぶる弱い。適温じゃないとすぐ死ぬ。


神経も素材はタンパク質なので、タンパク質が慢性的に不足している人は、「きわめて」神経痛を起こしやすい。



三叉神経痛(一般の人は顔面神経痛って言ってる)


耳の後ろとか、後頭部は、肉が薄い場所だ。


筋肉という、神経にとって休まる場所が乏しい。


顔なんかも同様で、後頭部にはまだ「髪」という毛布がかかっているが、顔は毛も薄く、冷えやすい。


これで生じるのが「三叉神経痛」


通称、「顔面神経痛」(野暮だから解説はしない)だ。




これがもっとひどくなると、顔面麻痺ってのがある。


先ほども書いたが、三叉神経がそうなる前に、頬とか、三叉神経の支配領域の皮膚を触ると「ピリピリ」が起こっていることがある。神経痛の「前章」状態。


顔の筋肉は、「意外と」凝っている。顔の神経も、作り笑いで疲れ切ってたりする。


そこに、不意打ちの風が吹くと、「がくん!」と顔半分が落ちたような、顔面麻痺を起こす。特にドライブとかで、冷たい風を顔に当てまくった直後がヤバイ。←これは、私の鍼灸の師匠が、自分の体験談として教えてくれた話だ。




神経痛とでるか、麻痺と出るか。


それは、色んな要因で違ってくると思うが、どっちも神経を傷めつけた結果、「同根」の病気なのだ。




肋間神経痛


これは、咳をし過ぎたときに、心当たりがある。


大学受験の頃、マイコプラズマ肺炎になって、咳が出まくってたとき、肋骨が痛くなった。


肋骨当たりも、小さい、細かい筋肉はいっぱいあるんだけど、どっちかというと、筋肉が薄い場所だ。


肋間てとこは、呼吸のたびに膨らんだり、縮んだりして、休みなく働いて疲れている部位。そこにマイコプラズマの咳という、別の仕事が加わって、肋間神経は疲れ切っていた。


その後も、ケガやなんやで、私の肋骨は苦労を重ね、時々「肋骨折れた?」と思うような痛みを生じるようになった。


激しい電撃がろっ骨の脇ら辺に起こったり。


幸い、私、その頃は若かったので、すぐ治った気がしますが、「帯状疱疹」とか、「ウイルス感染」とか、狭心症など内臓の病気が原因で起こる肋間神経痛もあって、原因がハッキリしないとき(私みたいに咳とか)は、病院に行った方がいいかも。




坐骨神経痛


坐骨神経は、えらく太いこと、長いことで知られる神経で、神経痛の中では一番ありふれてるやつかも。


長いってことは、支配領域が広いってこと。


  • 片側のお尻

  • 太ももの裏

  • ふくらはぎ

  • かかとやくるぶし


どこに「ズキっ!」が襲い掛かるか分からない。


そして、太さが太いということは、電撃のデカさが、顔とかとは桁違いってこと。


顔にある細い神経とは、大根とごぼうくらい違う。


原因は、骨にある場合、筋肉にある場合、ヘルニア(椎間板ヘルニア)、腫瘍(←怖い)と様々。


太いだけに、逆に原因は特定しやすいかも?


ちゃんと病院で検査を受けた方が良いです。




あと、太いだけに、神経のダメージ補修にも時間がかかると思って、しっかり安静にすることも大事。


そもそも神経の修復は時間がかかるけど、サイズに比例するんで、中途半端にせず、きちんと治し切る意識が大事。古傷残ると、「繰り返」すのが神経痛。





神経痛にも二種類ある


ところで、神経痛にも種類がある。


症候性と突発性だ。


症候性や突発性は医学用語でよくある言葉。


突発性というのは、「原因がココと特定できないよ」とか、「原因はハッキリわからんけど」という意味だ。


症候性は、「ここが原因で起こってるタイプの」という意味。




たとえば、首にヘルニアがあって、ヘルニアが神経を靴のかかとで水道のホースを踏むみたいに踏んでたら、神経に痛みが発するよね?


これは、「症候性」原因がヘルニアと分かっているから。




突発性も、原因がない、と言ってるわけじゃなく、『検査しても「これ」っていう原因が特定できないんだよ、どこを解消したらいいか…』という弱気な感じ。


筋肉は…あんまり強そうには見えないけど、委縮してる…とまでは言えないなぁ…骨の変形とかヘルニアはなさそう…炎症はあるけど、なんかの感染とかでもなさそうだし…


みたいなね。




先にも書いた通り、心臓などの内臓疾患や、腫瘍とかでも神経痛は起こるから、大病が隠れてないか?と考えて、きちんと病院で検査を受けることをお勧めします!



神経痛の治療のこと


病院にもいろいろな治療法がありますが、一番大事なのは「安静」


一回故障しちゃってるわけで、補修するしかなく、補修するのは「薬」じゃなく、本人の「細胞分裂」だから。


栄養

タンパク質をしっかり摂る!

血液を作る!

ビタミン、ミネラル。特に鉄!

細胞分裂という意味では亜鉛!

痛みという意味ではマグネシウム!


1に休養。2に栄養。

これは、どんな病気も同じ!例外なしです。




「仕事休まずに治せませんか?」


ほっといても治るけど、きちんと治し切らないと、「古傷」が神経に残って、すっかり忘れた数年後にまた同じ症状、同じ場所に起こしかねないよ?



鍼灸治療


鍼灸は一番神経痛に合ってる治療法かも。


即効性という意味でも。


でも・・・鍼は痛いんだなぁ・・・早いんだけど。


お灸で温めるのは、痛くもないし気持ちいいです。温めれば細胞分裂も促されるでしょう。




あと、完全に古傷になってる神経痛の場合。


なかなか治療法がない神経痛は、一瞬の激痛は覚悟してもらわなきゃならないけど、鍼がベストだと私は思う。




鍼にしてもお灸にしても、よく効くし、症状も早く治まるけど、「神経の完治」ってのは、細胞分裂で壊れた部分が補われた時。


症状が消えたことを「治った」んだと、勘違いすると、また再燃する。


これは、消えたんじゃなくて、「痛みを解除」しただけだからね?


神経の再生には、時間がかかる。


「治し切る」のと、「痛みの解除」は別だということだけ、強調しておきたいです。




1位 安静

2位 栄養

3位 鍼灸


1位から3位まで、全部やった方がいい。


特に2を甘く見てる人が、ひじょ~~~に多い。




筋トレしても、タンパク質とってなかったら、筋肉つかないのと同じ!


体はある程度タンパク質は、古い細胞からリサイクルするけど、「リサイクルタンパク質」は、質が悪い!

治す気があるなら、絶対栄養はいる!




逆にいくらプロテイン飲んでようが、運動しない奴に筋肉はつかない!

治療は治療で必要!


寝てるだけで、治るのは、10代まで!!!


あなたの身体の治りにくさを、あまり甘く見ないでもらいたい。


※ 筋肉がつく、つかないは、「細胞分裂する、しない」のたとえです。






肌が濡れているのを放置するだけで神経痛は起こる


最後になってようやくタイトルの話なんですが、神経は冷えに弱いんですよ。


冷えと、あと湿気にも弱い。


自分で自分を温めたり、湿気を除去する機能が、そもそも神経にはついてねぇ。

なので、そういう機能は、筋肉におんぶにだっこ。


だから筋肉が薄いところの神経は、ダメージを受けやすいワケ。




神経がそもそも弱ってる高齢者(栄養状態もすこぶる悪し)は、風呂上がりに身体の拭き方が悪いだけで、神経痛を起こすことがあります。


「神経はもろい」もんだってことを、この記事通して伝えられたら本望です。





当院の鍼灸と栄養療法(メガビタミン療法)は、きっとあなたにとって、健康づくりの一番の味方になれると思います。


大阪市中央区玉造の鍼灸院、はりきゅう和-nagomi-、土日も鍼療、木金は夜八時まで開けて、皆様の健康づくりのお役に立とうと準備しております。


ぜひ、ご活用ください。




LINE友達追加
LINE友達追加




【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

鍼灸師

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com




Comments


bottom of page