top of page

「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

あなたを病気にしたもの。自然治癒力を失った原因。

当院は、鍼灸+栄養療法がウリの鍼灸院ですが、

患者さんに、おいそれと栄養のことは言えません。

なぜなら…


鍼をしていると、

鍼の痕が点々と赤くなる人がいます。


アルコールアレルギーの人もいますが、

(当院では、アレルギーが出にくい

消毒を使うようにしています)


そうではなく、亜鉛などの

ミネラル不足が慢性化して

アレルギーを起こしている人も。

こういう方に、

「亜鉛不足かもしれませんよ」と

伝えると、


「昔からこういう体質なんです」


と、おっしゃるのですが、

たぶん、そうではないと思います。


ある時点から 体質が変わってしまっているのです。



当院は、鍼灸+栄養療法の鍼灸院ですが、

患者さんに、おいそれと栄養のことは言えません。


なぜなら、

亜鉛不足や砂糖過多を指摘しても、


人は、自分が生まれ育った 実家の食生活や

自分が日々、家族にふるまっている

料理に、問題があるんじゃないか?

と考えたくはないからです。


家族と言っても、遺伝子は別々。

他の家族は無事でも、

その人だけが、亜鉛不足を

起こしている可能性はありえるのですが、

それを説明しても

受け入れがたいようです。


その患者さんが、ただ亜鉛の

サプリを摂れば済むだけの話なのですが。



人を含む動物が、本来持っていた生命力を失うのはなぜでしょうか?

小学生の頃は、

一晩寝れば

風邪でも怪我でも

翌日ピンピンしていたのに

大人になると

風邪一つが


数日治らなくなるのは?


自然治癒力はなぜ

なくなっていくのでしょうか?


老化だから?

なら、老化ってなに?





自然治癒力が失われていくのはなぜ?


代々、家族が 野性的な生活を送っていて、

これまで、薬を飲んだことが

なかった人が

はじめて薬を飲むと、


現代的な生活を送っている

私たちが薬を飲むのとは

レベチなほど効くといいます。


死んでしまいそうな病状でも、

痛み止め一つで

劇的な回復を見せるとか。


野生に暮らしている動物が

ペットになると、

次第に回復力を失う

飼い主に似てくるというか、

人間のように虚弱だ

という話も聞きます。


その原因は何なのでしょうか?


それは、

「習慣が私たちを弱くしているから」

習慣には、

アスリートのトレーニングのように

人を強くする習慣もあれば

弱くする習慣もあるのです。


私は、「顔が歪まないように」

という理由で、右利きなのに

左手を鍛えて、両方の手で

交互にお箸を使う人を知っています。


寝不足、運動不足、

色々な習慣がありますが


とくに、私たちを弱くするのは、食習慣です。



私たちが、当然のものとして

受け入れいてるものの中には、

私たちを思考停止させ、

病気にさせているものもあります。


当院の患者さんに

こういう体験をしている方がいます。


子どもさんは、体力がなく、

栄養ドリンクやジュースが大好きだそうです。


身体が細く、体力がなさすぎて、

食事をすることさえ疲れて 途中でやめてしまうそうです。


当然、小学校から帰ってくると、

疲れてグッタリしています。


先天的な持病ではなく、

原因は、食生活です。


この患者さんは、アトピーで

当院にご来院されたのですが、

アトピーにも背景があります。



当院、アトピーの患者さんには

かならず、「調味料を変えてほしい」

というお願いを最初にします。


塩⇒天然塩

砂糖⇒極力減らす。

みりん⇒本物のみりんに。「みりん風調味料」NG

麺つゆ系、NG


塩、

塩こうじ(自分で作るなら)

醤油(本物のもの) 味噌(本物のもの)

みりん


調味料は、あまり色々な

種類を使わずに、

基本的なものだけにしてほしい。


そういうお話をするのですが、

この話のときに、


「家に調味料無いんです。食材についてくる調味料を使うから」

と、おっしゃいました。


確かにコンビニのサラダには

ドレッシングがついているし、

焼くためのお肉に、

ソースがついてることも ありますね。


市販されているものは、どれでも、ちゃんと健康への影響が検証されていると、思っていますか?



YouTubeで、岡田斗司夫さんが、「コンビニの食品添加物に害なんてあるはずがない!」だって企業も裁判とかになって敗訴したら潰れるから!とおっしゃっていましたが、


医療に携わっていると、まったくそうは思えません。


バブルが崩壊した時、よく分かったことですが、「企業は大きすぎると潰せない」


社会への影響が大きすぎるからです。


実際、潰れるような状態になった銀行が、その理屈でずいぶん助かったはずです。


原発事故を起こした東京電力も潰れていないでしょう?


(独占禁止法、どこ行ったよ)






毎年、無数の新商品が出るのに、


食材のかなりの部分を

輸入に頼っているのに、


全部検証なんて

できるはずがありません。


実際は、食品メーカーの良心に

ゆだねている部分が大きいと

思います。

なにせ、食べ物は

基本「どく」であるはずがないのですから。


混入する毒には目を光らせていても、

普段使いしているものが、

毒だなんて、認めるはずもないでしょう。

それに、

食品添加物の影響が出るとしても、

今日明日じゃなく、5年、10年

先の話です。


しかも、メーカーも

無数にあるんですから。


裁判になったって、

「自社じゃない。

他の会社のせいだ」

または

「組み合わせて毒になっただけで

単体では毒性はない」


とか、幾らでも言えるのです。


市販されている食べ物を

何の疑いもなく

受け入れていませんか?

それはちょっと

おめでたすぎるかもしれませんよ。



習慣になってしまっているものは、

一気にではなく、

少しずつ、でも確実に

あなたの身体を変えていっています。


身体という器が

変性してしまったとして、

脳だけ健康で

いられるものでしょうか?


怖い、怖い言われている認知症。

その原因の何割かは、普段

疑いもなく食べてきたものたち

ではないでしょうか?



自然治癒力が、生まれた時と

比較して、例えば20歳時点で、

30歳時点で、40歳時点で


どれくらい低下しているか。

調べた人はいないはずです。



あなたが、

「私はこういう体質だから」と

言っていることは、

体質なんかじゃなく、


あなたの習慣が

作り上げたものが大半です。


それがアトピーであり、腰痛であり、

認知症であり、体力のなさの原因です。


でも、それに気づいたときから

プロテインを飲み、サプリを摂れば

必要な栄養を補うことはできるようになります。


不可能なほど、難しいことじゃありません。




病気になってから、100万円かけるより、

日々の食生活を変える方が、

よっぽどエコノミーだと思いませんか?



ストレスにまみれすぎる

生活は、余裕だけでなく

思考力を奪います。


収入を減らし、

生活水準を落としてでも、

丁寧な生活を選ぶ

若い人が増えているそうです。


車を持たず、

持ち家ではなく賃貸にして、

丁寧に、丁寧に

自分の身体を大切にして生きる人生


私は素敵だと思います。






【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com


コメント


bottom of page