「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

体調の悪さは、あなたを嫌な人にする

「面倒くさい」…体調が悪い、体力がない、しんどい


「気が利かない」…からだに慢性の痛み・不調がある


「鈍感・無神経」…目または耳が悪い、それらの機能が弱っている。鼻が悪いことも。


↑の、「…」の右側が真の原因なのに、そのことを当の本人が気づかず、苦しんでいることがあります。




体調の悪さはあなたを嫌な人にする
体調の悪さはあなたを嫌な人にする


たとえ、自覚があったとしても、


男性は、「男が泣き言をいうな」という文化のために。


女性は、「母親は…」「お姉ちゃんなんだから」という言葉にしばられて。


ただ「しんどいから、ちょっと休みたい」「体調がよくないんです」という一言が言えないひとが多い気がします。




しかし、この記事で何より言いたいのは、本人が、自分の体の「不調に気づいていない」パターンの話です。


わたしって何か違うな、ほかの人とは何か違ってる感じがする。。。と、うすうす感じてはいても、それがはっきり自覚できない。


それって、ほんのちょっと人より体力がないのかもしれない。

ほんのちょっと、人より目が、耳が、鼻が、弱いのかもしれない。

アレルギーなどの、目に見えない、体質の問題があるのかもしれない。


(他人と身体を交換することはできないのですから、自分の体調が悪い…「人並ではない」とはなかなか思えないのです)

.



自分の不調が「自覚できない」場合もあれば、「うまく言葉にできない」場合もある。ジェンダーなど、社会的な理由で「言いにくい」可能性も。


でも、自分の不調を口にできない、言えない、周りの人に上手に伝えられないことで、


周りから、「いやな人」「悪い人」と誤解されている人がいます。あなた自身かもしれません。




というのも、これは私の実体験だから。


昔、慢性的な体調不良、慢性の痛みがあったために、人並みに働けなくて、


それが、「怠け者」「怠惰」「横柄」「無神経」「お高くとまってる」などの誤解を生み、周囲との軋轢になっていたことがありました。




身体が治ってきて、初めてハッキリ自覚したのですが、私はただ人より体が弱かった。


横柄どころか、いつも不調法を叱責されないかと、ビクビク、ピリピリしていた。




正直に「体がついていかなくて」(二十歳前後の若い盛りにはなかなかこれが言えませんが)と、周囲の人に告白すればよかった。


そして、体調がよくなるように、鍼灸治療を受けていれば良かったのです。




もしかしたら、「仮病だ」などと、心無い言葉を投げかけられたかもしれない。それでも、言えばわかってくれる人もいたかもしれない。




今はこうして、鍼灸治療のおかげで、以前よりはるかに体調も良くなりました。治ったことでやっとわかったことがある。



私は、いやな人などではなかった。

身体が弱く、自分のことで手一杯になっていただけだった。




あなたの周りの嫌な人、本当に性格が悪いだけでしょうか?


そうでなく、体がどこか悪いのかもしれません。


勧めてあげてください。


鍼灸治療と、栄養療法を。


体調がよくなれば、余裕ができます。


体調で、人は変わるんです。





★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。

 

RECOMMEND


 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

 

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

 

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com